Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近どんどん画面が大きくなってきているスマートフォンですが、その中でも「ファブレット」と呼ばれるカテゴリーが2013年ぐらいから地位を確立しつつあります。

どんな機種?

明確な定義はないそうですが Androidケータイで 5.6〜7 インチの大きな画面を搭載しているものを指すようです。
Samsung の Galaxy Noteシリーズを筆頭に SONY、LG、HTC などの各社からリリースされています。

ファブレットの名前の由来はスマートフォンとタブレットの中間のサイズ、PHone + tABLET = PHABLET なのだそうです。

なぜ人気なのか?

意外に思われるかもしれませんがこの大画面スマートフォン、女性に人気なんです。
主流になりつつある 5インチの Androidケータイは女性が片手で扱うには大きすぎる。それならばいっそのこと、両手で使うことを前提にしてさらに大画面で見やすく、バッテリー容量も大きい機種にしようってことみたいですね。
写真や動画を見るのはもちろん、たくさんの文字や情報を表示するにも画面が大きいに越したことはないですからね。

Galaxy Note シリーズや Xperia Z Ultra のようにスタイラスペンに対応している機種もあります。
これらの機種は手書き入力などのスタイラスペンに特化した機能が搭載されており、より使いやすく設計がされています。
特に Galaxy Note ではスタイラスペンを使うことを前提に設計されていて、専用のメニューやメモなどを搭載。それも大きな特徴になっています。
これだけの大画面ともなると男性でも片手で扱うのは困難なのでスタイラスペン使用による使いやすさは重要ですね。

 

スタイラスペンの使い方がよく分かる Galaxy Note3 のコマーシャル映像

ポケットに入れるには大きめサイズなため、身に付けてというよりはバッグなどに入れて持ち歩くかたが多いようです。
そのため昨年からスマートウォッチと呼ばれるスマートフォンと連動して情報を表示してくれる時計型端末が各社からリリースされています。
これを設定しておくと着信、メール、SNSの通知などはこのスマートウォッチが振動や音で知らせてくれます。いちいちスマートフォンを取り出さなくても内容の確認ができるわけです。

スマートウォッチが普及するとますますファブレットの人気が出そうですね。

 

Sony Smartwatch SW2 のコマーシャル映像

これから…

2年ぐらい前にスマートフォンでもタブレットでもないこのサイズの機種は需要もわからず機能や使い勝手も手探りな部分が多かったですが、最近の機種は特に使いやすさの面でかなり洗練されてきました。

各社からリリースされてデザインの面でも選択の幅が広がりこれからますますユーザーが増えそうですね。

最近のAndroidは中途半端に大きくて片手で使うには厳しいと感じているかたは両手で使うものと割り切ってファブレットも候補に入れてみてはいかがでしょうか?

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加