Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

マイクロソフトは 5 月 9 日、2014 年 5 月 14 日に公開を予定している 5 月のセキュリティ情報の事前通知を行いました。

microsoft_logo

今回公開では、最も深刻度が高い「緊急」の情報が 2 件、「重要」が 6 件の全 8 件となっています。

「緊急」に分類された情報は、Microsoft サーバー ソフトウェア、プロダクティビティ ソフトウェア、およびMicrosoft Windows、Internet Explorerの脆弱性に関するもので、これらの脆弱性が悪用されると、リモートでコードが実行される危険性があるとのことです。

「重要」に分類された情報は、Microsoft Windows、Microsoft .NET Framework の特権の昇格が 3 つ、Microsoft Office  においてリモートでコードが実行される危険性およびセキュリティ機能のバイパス、その他 1 件となっています。

※更新後にはパソコンの再起動が必要になるものが含まれます。

 

更新プログラムの入手については、パソコンの自動更新機能が有効になっている場合は、更新プログラムが自動的に適用されます。 自動更新の詳細については、マイクロソフト公式サイト内の PC を自動的に更新するを参照してください。

自動更新が有効になっていない場合または更新プログラムが必要かどうかは、 Microsoft Update から確認できます。これは、コンピューターをスキャンすることにより必要な更新プログラムが無いかどうかを表示するためのオンライン ツールです。なお、サイトの利用には、Microsoft Internet Explorer 5 以降が必要になります。別の Web ブラウザを使用する場合は、Microsoft ダウンロード センター(英語) から更新プログラムを入手することとなります。

 

【深刻度評価の定義】
microsoft_security_table
画像はマイクロソフト公式サイトによるもの

 

 

ソース元:マイクロソフト公式サイト
マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知 – 2014年 5月

 

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加