Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

MacのOS Xが10.9.4にアップデートされました。

大きな機能の追加はなくバグの修正などが主になります。

OS_X_Mavericks

 

変更点

主な変更点は以下のとおりです

  • 一部のMacにおける、接続したことのあるWi-Fiネットワークに自動的に接続できないという問題を修正します
  • スリープ解除の信頼性が向上します
  • Safari 7.0.5 が含まれます

スリープからの復帰時にWi-Fiにつながらない問題に悩まされていたのでこれで解決されることに期待です。

 

 

アップデートの仕方

アップデートの方法です。
事前にデータのバックアップや行っている作業を保存して終了などの準備をしておいてください。

 

1. ソフトウェア・アップデート

画面左上のアップルマークからソフトウェア・アップデートを選択
スクリーンショット 2014-07-02 1.57.41

 

2. Mac App Store

Mac App Storeのアップデートが起動しOS Xのアップデートが選択にあらわれます
スクリーンショット 2014-07-01 18.13.56

「アップデート」をクリック。
ダウンロードが始まります。
スクリーンショット 2014-07-01 18.15.15
データ容量は92.3MBですが実際のアップデート時にもデータをダウンロードするのでトータルで300MBぐらいになるようです。

ダウンロードが完了すると再起動をうながす通知があらわれます。
「再起動」をクリック。
スクリーンショット 2014-07-01 18.16.39

 

3. 再起動

あとは再起動してアップデートが行われます。
環境にもよると思いますが私の場合は15分ぐらいでした。

再起動完了後、「アップルマーク→このMacについて」からバージョンを確認できます。
スクリーンショット 2014-07-01 18.28.47

 

 

アップデートしてみて

まだ少し使っただけですがスリープから復帰したあとのWi-Fiの接続は明らかに良くなってるように感じます。
こういう地味だけど日常的な使用に関わる部分の修正はありがたいですね。
だいぶ快適になりそうです。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加