Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

NTTドコモは 2014年 9月 11日、Xperia Z SO-02E において、携帯電話の利便性を向上させるため、最新ソフトウェアを公開しました。

docomo_xperia_z_so-02e

 

今回のアップデートでは、Android 4.4 による機能・操作性の向上および充電器から携帯電話(本体)を取り外した際、一定時間タッチパネルが動作しない場合がある事象への改善を含むため、必ず最新バージョンへのアップデートをするよう促されています。それ以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

※なお、OSアップデートの内容につきましては、下記にてご確認いただけます。
ドコモ公式ページ:主なアップデート内容

(参考)Xperia Z1 SO-01F の記事ではありますが、今回の OS アップデート(Android 4.4 [KitKat])での主な変更点について書きました。基本的なところだけでもご参考になれば…。
Xperia Z1 SO-01F 〜Android 4.4(KitKat)アップデートでの主な変更点〜

 

最新のソフトウェアバージョン(ビルド番号)は、「10.5.B.0.410」

ソフトウェアのバージョンは、【設定】→【端末情報】→【ビルド番号】 から確認できます。

 

ソフトウェア更新の具体的な操作方法、その他の詳細につきましては、公式サイトにてご確認ください。

 

 

ソース元:NTTドコモ公式製品アップデート情報
Xperia Z SO-02Eの製品アップデート情報

「Xperia Z SO-02E」端末本体(Wi-Fi)による操作手順書(PDF形式:524KB)

 

 

「過去のアップデート情報」
・2014年 5月 13日 – ドコモ「Xperia Z SO-02E」キャッチホンの通知音改善ほかに関するアップデートを公開

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加