Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Macを長く使っていると動作が遅くなる原因の1つにハードディスクやSSDの空き容量の低下があります。
空き容量を増やすにしてもまずはどれぐらい空いているのかを調べなくてはいけないのでその方法を解説します。

まずデスクトップの左上のアップルマークから「このMacについて」をクリックします。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-15_17_55_57

次に開いたウィンドウの「ストレージ」をクリックします。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-15_17_56_18

すると現在のMacのストレージの使用状況と空き容量を調べることができます。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-11-15_17_59_43
グラフのそれぞれの箇所にカーソルを合わせるとそれぞれの容量が表示されます。
グラフの右側の白い部分にカーソルを合わせると空き容量が表示されます。
「管理」をクリックするとiCloudや最適化などのオプションを選択することができます。

以上、簡単なのでやってみてください。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加