Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモは2016年11月30日にXperia Z5シリーズのソフトウェアアップデートを配信しました。

機種やAndroidのバージョンなどで多少の違いはありますがほぼ手順は毎回同じなので今回はその手順を紹介したいと思います。

なおデフォルトの設定だとシステムアップデートは自動になっていて夜間や充電中などの状態のときに自動的にダウンロードされてアップデートされます。
なので深刻なバグの修正で急を要する場合やアップデートの時間帯に常に操作をしていて自動でアップデートが行われない場合などの参考にしてください。

Xperiaの自動アップデートの設定
「設定」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」
xperia_update7

手動でのシステムアップデート

まず設定画面を開いて端末情報をタップします。
xperia_update1

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
xperia_update2

ここでいきなりソフトウェアアップデートを押してしまわずに一番下にある「ビルド番号」を確認しておくと最後にアップデートが正常に完了したかがわかりやすいです。
xperia_update3

「端末情報」の「ソフトウェアアップデート」をタップします。
xperia_update4

するとネットに接続して自動的にアップデートの有無を確認してアップデートがあった場合はアップデートを行うかを確認されます。

アップデートの内容にもよりますが長いと数十分かかることもあるので時間に余裕を見て行ってください。
あとは完了まで待つだけです。

アップデート中はネット接続はもちろん電話の着信もできません。
原則としてアップデートにかかるパケット代はかからないので大きなアップデートでもキャリア回線でも問題ないと思います。
しかしバッテリーは消費が激しいので電源につないだ状態で行ったほうがいいでしょう。

ソフトウェアアップデートが終わったあとに自動的に「アプリの最適化」が行われます。
これも作業中は端末の操作ができないので待つしかないのですがインストールしているアプリが多いとこちらも数十分かかるので気をつけてください。

すぺてのアップデートと最適化が済んで次の画面が表示されたら完了です。
xperia_update6

端末情報の「ビルド番号」で以前のビルド番号と比べるとバージョンアップができているか確認できます。
xperia_update5

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加