Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

東大発ベンチャーの AgIC株式会社 は、銀ナノ粒子インクを利用し、市販の家庭用プリンターで電子回路を簡単に印刷できる「AgIC Print」キットを開発。アメリカのクラウドファンディングサイトの最大手「 Kickstarter 」にて製品の事前予約を開始しました。目標金額は、3万USドル。

2014-03-03_AgIC01

 

目標の金額に達成すれば量産に向けた準備を正式に開始することとなり、2014年8月からの発送が予定されています。

「AgIC Print」とは…

これまでの電子基盤の作成には専用の加工機を必要としました。価格も安いものでも約20万円~100万円程度してしまいます!

2014-03-03_AgIC05
※画像はイメージ Via:mits

 

今回、AgIC によって開発された「AgIC Print」キットは、市販されている家庭用プリンターのインクに銀ナノ粒子インクを用いてプリントアウトすることで電子回路を簡単に作成するという技術!
このキットにより簡単に回路作成をすることができるようになれば、企業や研究者が製品のプロトタイプ開発の際にこれまでかかっていた基盤作成までの期間が大幅に短縮され、コストも抑えた開発に一役買うことが期待できる。

2014-03-03_AgIC03

 

「AgIC Print」の紹介動画

気になる価格・購入方法は?

商品の購入を目的とした価格設定は「499ドル(限定10個)」「599ドル」の2種類。
どちらも価格による製品の違いはなく、先行支援者のための割引となっている。
(3月3日の記事投稿時点で「499ドル(限定10個)」の販売は予定数量に達したため終了)

2014-03-03_AgIC02

これとは別に、「日本限定」パッケージ(2000ドル)もあり、これは1日講習会の開催の他、実際に配送先でプリンターのセットアップを行ってくれるというもの。

日本からのプレオーダーは Kickstarter内 で受け付け中で、AgICホームページ のヘルプページに「日本の皆様へ – Kickstarterの利用方法」の記載があります。
http://agic.cc/kickstarter-help/

 

 

手軽に思い思いの回路の試作ができるようになるなんて、電子工作好きの方々には垂涎ものの一品ではないでしょうか?まあ、ボクもですが…(笑)

興味のある方は是非。

 

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加