cal.by.any.do

Cal  Any.do によって開発されたカレンダーアプリです。
タスク管理アプリAny.doと同じくとてもスタイリッシュで洗練されたUIが特徴です。

特徴

・スタイリッシュなデザイン
・タッチやスワイプに特化したUI
・Googleカレンダーと同期可能
・カレンダーの通知がわかりやすく大事な予定を逃さない
・Googleマップと連携し簡単にナビを起動できる

 

紹介動画

インストール

ダウンロードは Google Play から

Cal: Any.do Calendar | カレンダー
Google Play Icon

初期設定

Start

インストールしたら起動して同期したいカレンダーの Googleアカウントを選択するだけ。
これで Googleカレンダーのデータを Cal で閲覧し予定を変更することが出来ます。

使いかた

メイン画面

基本的な使いかた
default1edited

月表示の画面で左右にスワイプすると次の月、前の月に移動できます。
予定を追加すると画像の部分に表示されます。

設定画面

SettingEdited

・Birthdays
Facebook の友達の誕生日をインポートします。

・Visible Calenders
表示するカレンダーを指定します。
端末内のカレンダー、誕生日、Googleカレンダーの表示、非表示が選べます。

・Default Calender
初期設定のカレンダーを選択します。
予定を追加するときなどに優先されるカレンダーを設定します。
ここで設定されたカレンダーは Visible Calenders でチェックを外すことは出来ません。

・Default Reminders
通知するタイミングの初期値を設定します。
複数指定することも出来ます。
通知するタイミングは個々の予定で設定することも可能。

・Week Start
週の最初の曜日を設定します。

・Connect with Any.do
タスク管理アプリ Any.do と連携します。
連携するとタスクがカレンダーの予定と一緒に表示されます。

・Photo Theme
背景の画像の種類を選択します。
9つのテーマが用意されているのでその中から背景に表示したいテーマにチェックをします。

予定の追加

メイン画面から右上の+ボタンを押すと以下の画面になるので予定を追加します。

plan1edited
それぞれの領域をタップして予定を入力していきます。
ALL DAY をタップすると全日の予定になり開始日と終了日の設定に変わります。

入力が完了したら右上の ADD をタップ。

すると以下の画面に移動しさらに詳細なデータを設定できます。
plan2edited

マップは住所のみ、またはランドマークのみの入力だと正しく表示されましたが住所+ランドマークだと地図に反映されないようです。
マップ機能を使いたい場合は住所は番地までにしてビル名等は入力しないほうが良さそうです。

通知
Reminder
通知は設定画面で指定した初期値が入っていますが個々の予定で変更可能です。
複数の通知を設定したりメールでの通知も可能です。

予定の繰り返し
Repeat
定期的な予定には繰り返しを設定することも出来ます。
毎日、毎週、2週間に一度、毎月、毎年から設定可能です。

plan3
必要なデータの入力が終わるとこんな感じになります。
それぞれの領域をタップすると予定の修正ができます。
地図をタップすると Googleマップと連携して詳細が確認できます。
NAVIGATEボタンを押すと経路案内を開始します。

default2

通知

設定した時間になるとホーム画面に通知します。
alart
この通知からCal、経路案内を起動できます。
通知を消すには×をタップします。

まとめ

慣れると簡単に予定の入力ができマップなどの連携も強力なカレンダーアプリです。
ウィジェットも用意されているのでアプリを立ち上げなくても予定の確認もできます。
ただしウィジェットはリスト表示で初期値が3✕3とあまり一般的なサイズではないのでこの辺りは種類が増えるといいですね。

同社のタスク管理アプリ Any.do と連携すると予定と To do が一元管理できてオススメです。

moves-logo-206x206

ライフログにもいろいろありますが行動ログを簡単にとってくれるアプリ 「 Moves 」 の紹介です

このアプリはインストールしてしまえばあとはほぼ自動で行った場所、手段、時間等を記録してくれます

Android版の他に iOS版もあります
iOS版は有料ですが日本語に対応していて細かい機能に違いがあります
Android版は無料で英語版のみになります(2014/01/19現在)

インストールと初期設定

インストールは下記から

Moves
Google Play Icon

このアプリは一度インストールしてしまえば特に初期設定することもなく使えます
バックアップのために Moves のアカウントを作成しておくことをお勧めします
アカウントは右上の 「 Setting 」 の 「 ACCOUNT 」 から作成できます
アカウントを作成しておくと機種変更時などにデータ移行も可能になります

使いかた

Moves の Setting の中にある Tracking のチェックボックスにチェックを入れて、端末のGPSをONにします
これだけで行動ログの取得を開始します
移動時は特に操作することはありません

歩数計は iPod などと同じく5歩以上歩くとカウントを始めるタイプのようです
日ごとの記録のトップには Walking、Running、Cycling のデータが表示されます
それぞれの円をタップすると 歩数 → 距離 → 時間 に切り替わります(Cycling は 距離 → 時間 のみ)

左上の Today をタップするか、画面を左右にスワイプすると任意の日の記録へ移動できます

 

2014-01-19 22.00.59
端末によるかもしれませんが経路の精度はかなり低いですね
省電力のためにGPSの測位の間隔がかなり長めに設定されているようです
日によっては細かい道順もわかるぐらい精度がいい日もあるので端末の設定等が関係しているかもしれません
GPSロガーとして使うのはかなり厳しそうです
(Wi-Fiを常時ONにすると改善されるようです)

 

 

設定画面

2014-01-19_21_53_31

Tracking ・・・ チェックを入れることで行動ログの取得をします
(移動してない時は自動的にバッテリーの消費が少なくなります)

Metric units ・・・ チェックが入っているとメートル表示になります(入っていないとマイル表示)

NOTIFICATION(通知)

Daily summary ・・・ チェックを入れると翌日に前日の行動記録が通知されます

Records ・・・ チェックを入れると月間と全ての記録から最高記録が出た場合に通知します

ACCOUNT ・・・ アカウントを作成、管理します

 

 

記録の管理

記録されたデータは、あとで修正が可能です

行った場所の修正や移動手段の変更ができます

 

訪問地をタップして
2014-01-13_14_36_58

 

地図上の鉛筆マークをクリックします
2014-01-13 14.37.14
周辺の候補地から選択するか手入力します

Home や Work、一度設定した場所などは次回からは自動で表示されるようになります

 

移動手段の場合は

変更したい移動記録をタップして同じように鉛筆マークから変更します

2014-01-19 20.44.33

用意されている移動手段は
Walk           ・・・ 徒歩
Running     ・・・ ランニング
Cycling       ・・・ 自転車
Transport  ・・・ 乗り物、交通機関
です

時間や経路の変更はできません

 

 

記録の共有

共有と言っても保存のような機能ですが・・・
右上の共有ボタンをタップすると一日の記録のスクリーンショットを保存することが出来ます

Summary は トップにある徒歩、ランニング、自転車の部分のスクリーンショットを保存します
moves-share-sammary

Summary and storyline は 下部の移動記録まで含めたスクリーンショットを記録します
moves-share140111-1edited

まとめ

常にバックグラウンドで走っているので電池の消費はそれなりにありますが、こういったタイプのアプリではかなり少ないほうだと思います
追跡の精度の変更や省電力モードがあるともっと使い勝手が良くなりそうですね
それと、データのエクスポートが出来ないのは残念なところです
今のところ記録されたデータは端末上でしか確認できないので、今後データの出力やサイトにログインしてPC上で閲覧する機能などに対応して欲しいものです

moves-share140111-2edited あるセミナーに行った一日の記録です

移動経路の精度や通過地点が訪問地になってしまうなど、まだまだ改善の余地がありますが日々の行動を記録するにはすごく便利です
何より一度設定してしまえばあとは手がかからないのがいいですね

Xperia Z1に機種変して2ヶ月

すごく快適で電池の持ちもいいんだけどヘビーに使うとやっぱり一日持ちません

外で充電するのにMicro USBは蓋の開閉が手間なのと防水への影響が気になるのでなるべくしたくない

そこでクレードル用のマグネット充電端子で充電できるUSBケーブルを買いに行くことにしました

 

 

購入

ネットではどこも売り切れだったので秋葉原に探しに行くことに

実店舗でもやはり売ってなくて歩きまわってやっと見つけました!!

ジャングル3号店で1,280円

サンワサプライなんかからも発売されているけど今回買ったのはメーカーなどの詳しい記載はなし

Xperia ZとXperia Z Ultra用のコーナーに並んでいたので店員さんに確認したところZ1でも大丈夫とのこと

ジャングルでは他にMicroUSB→Xperia充電端子の変換も売ってました(たぶん同じく1,280円)

 

本体

これでもかってぐらいシンプル

Xperia Z1 cable5

裏もとてもシンプル

Xperia Z1 cable6

 

 

 

出してみるとこんな感じ

Xperia Z1 cable1

Xperia Z1 cable2

特に安い作りって感じもなく長く使えそう

 

 

使用感

さっそく使ってみました

Xperia Z1 cable4

Xperia Z1 cable3

ケーブルはこの向きでしか充電できません

充電速度は体感では速くてACアダプター、USB、モバイルバッテリーのどれでもしっかりと充電出来ました!

 

 

不満点

欠点ははずれやすいこと

端子部分が少し出っ張った形状でマグネットの力だけで取り付けるので横からの衝撃に弱く軽く当たっただけですぐ外れます

充電しながら手で持って操作しただけですぐ外れてしまいます

モバイルバッテリーをつないで鞄やボケットに入れて移動などは厳しい感じ

こういう使い方を期待していたのでこの点はすごく残念

 

 

総評

移動中の充電が難しい点に目をつぶればクレードルがない状況での充電がかなり楽になったのでおおむね満足!!

トータルで見たら充電がかなり楽になったのでXperiaユーザーにはオススメです!!